♪オルガン・グラインダース゛・スウィング

画像

9月に入って気温も落ちついた一昨日の日曜日(16日)、連休の騒々しさも忘れ
朝寝坊中(10時頃かな?)携帯の着メロが鳴っていたのに気がついた。


▼『黒い瞳のナタリー』/ フリオ・イグレシアス
  https://youtu.be/b22LKamjiOg

*若い頃のフリオ・イグレシアスは、スペインのサッカーチーム、
レアル・マドリードのGKだった。
ある日、交通事故で瀕死の重傷を負う。
療養中に父親からプレゼントされたギターで作詞・作曲した曲が
歌謡祭で優勝。「黒い瞳のナタリー」などミリオン・セラーを
連発するトップ・スターとなった。しばし「世界の恋人」と称された。


着信を見るとでぶちゃんなのだ。出ると「Gちゃん早く来て~
2階から落ちて腕とお尻を打って痛くて動けないのよ~ヘルプ!」。
ワタシは八五郎君へ電話、すると「ボクは行けないのでナナ(婚約中)に
行って貰います」。まもなくナナちゃんが車でやって来た。直ぐに
乗って急いででぶ家へ。

居間に入ってビックリ!?でぶちゃんが階段の下で「オットセイが
転んだような格好」で、気を失っていた。声をかけると目を開け
寝室を指差した、私達は重いでぶちゃんをやっとこさベッドへ
運び寝かせた。そして腫れた腕に湿布を貼り、お尻にはクッションを
当て、取り敢えず応急処置をしてしばらく様子を見守っていました。

2階の階段から滑り落ちたのは今回で3回目なのだ。前回落ちた時に
手摺りを付けたのだが、それでも落ちた!

今度は階段の上段にセンサーをつけて、落ちると同時にセンサーが
感知し、大きな網(くわがた用?)が飛び出し、でぶちゃんを捕獲
する装置を取り付けたらどうかな?(笑)。

ホラ!、戦闘機が空母に着艦するとき、空母の滑走路の真ん中から
ネットが飛び出し、戦闘機を停止させるのと同じ仕組みなんだけどなぁ~(笑)。

馬鹿馬鹿しいことを考えていたとき、でぶちゃんのスマホに電話が
かかってきた。ミミちゃんからだった、ナナちゃんが出て負傷
した事を伝えると、エリカちゃんと一緒に飛んで来た。良かった~
二人が来てくれて、ナナちゃんが看病するように言い伝えた。
帰りにナナちゃんが「早く治ってね!」と、ワタシは「じっくり
治してね!」と慰めて帰ってきました。

ワタシも昨年末不慮の事故で脇腹を負傷、完治するのに約2ヶ月程
かかったので、でぶちゃんも少なくても1ヶ月位はかかるかも?
しばらく自宅療養して頂戴!お手伝いさんも二人いるし(笑)。
ワタシは来月ロリンズ叔母さんのお誘いで、東京へ一人で行ってきます(嬉)。



~~~~immy~~~~smith~~~~organ~~~~grinder´s~~~swing~~~



◇「ザ・キャット」と並ぶヴァーヴ時代の大ヒット・アルバム。
名ギタリスト、ケニー・バレルを含む黄金のトリオで
ジャズ・オルガンの至芸を披露する。


◆『オルガン・グラインダース゛・スウィング』/ジミー・スミス


ヴァーヴ時代のスミスは、オーケストラ・サウンドをバックにして、
自由自在に熱演を繰り広げるアルバムが多くあり、その手法で
成功したといえる。

スミスは1956年のデビュー以来、“オルガン・キング”の名を
ほしいままにしてきた。
ジャズ雑誌「ダウン・ビート」人気投票では1962年に「オルガン
部門」が設立されて以降、毎年ダントツで第1位になり、それは
スミスが死去するまで40年以上も続いた。さらに、ヴァーヴ時代は
ヒット・チャートを席巻するビッグ・スターだった。

《《オルガン・グラインダース゛・スウィング》は、オルガンの
ジミースミス、ギターのケニー・バレル、ドラムのグラディ・テイト
からなるオルガン・トリオで録音された。
バレルはハード・バップ・ギターの第一人者。テイトは長年に
わたりスミスと共演した名手である。
《オー・ノー・ベイブ》と《ブルース・フォーJ》はファンキ
ー&ブルージーなスミスのオリジナルだ。

#収録曲

1.オルガン・グラインダース゛・スウィング
2.オー・ノー・ベイブ
3.グリーン・スリーブス
4.アイル・クローズ・マイ・アイズ
5.サテン・ドール


〔パーソネル〕

ジミースミス(org)
ケニー・バレル(g)
グラディ・テイト(ds)
1966.8/録音


【YouTube】

▼オルガン・グラインダース゛・スウィング
  https://youtu.be/fuqW-wUZ8V4

▼オー・ノー・ベイブ
  https://youtu.be/eII3UjOFwpE

▼ブルース・フォー・J
  https://youtu.be/8PoWjRwrdHg

★The Sermon on Hammond B3 / ジミー・スミス
  https://youtu.be/MAT3ljM-Vec

★“Jimmy´s Walk” on Hammond B3 / バーバラ・ディナーリン
  https://youtu.be/LYP7Mxss3_U

*ジミー・スミスを彷彿させるドイツの素敵な女性オルガン奏者

画像